元本割れ

学資保険の貯蓄性が高い理由

学資保険の一番のメリットといえば貯蓄性が高いことでしょう。
毎月保険料を支払いますが、最終的には支払ってきた保険料の合計よりもさらに多くのお金をもらうことができるのです。
もちろん、保障を充実させてしまうと貯蓄性は犠牲となってしまいますが、基本的には貯蓄性の高い保険商品であると考えていいでしょう。
この貯蓄性によるメリットがあるからこそ、学資保険に加入することは大きなことなのです。
これによって、将来の子供の入学に備えることが可能となります。

貯蓄性の高い理由はいくつか考えられます。
まず普通に考えたら貯蓄性が高いと保険会社にとっては損をすることになると思われます。
しかし、これは違うのです。
通常、保険会社は保険料として受け取ったお金を何らかの形で運用しています。
つまり、自分たちで利益を増やすための行動に出ているのです。
また、学資保険の場合は加入をしてから保険金を受け取るまでの期間が長いという特徴があります。
その長期間でお金をどんどん増やしていくことができるため、保険金を多く支払う余裕が生じるというわけなのです。

また、保険会社自体が営業上の努力をしていることも多いです。
余計なコストを削減して、できるだけ利益を増やすようにすれば、余分なお金を保険金として還元することが可能となります。
したがって、保険会社としてまともな経営をしているような会社であれば、高い貯蓄性を期待することができるでしょう。

注意する点としては、学資保険のすべてが貯蓄性が高くなっているというわけではないことです。
自分がこれから加入しようと思っている商品の貯蓄性に注目しなければいけません。
ひょっとしたら元本割れしてしまう可能性のある商品を選んでいる可能性があるからです。
最終的にどれくらいのお金を受け取るのかはきちんと確かめておくべきことでしょう。
それを把握していないと最終的にあなたが損をしてしまうことになります。
学資保険で保障の手厚さを重視すると元本割れするため気をつけましょう。


Copyright(C) 2013 学生に欠かせない保険 All Rights Reserved.