元本割れ

学資保険の上手な節約方法

子供のために学資保険に加入しなければと考えている人は多いです。
しかし、ここで注意しなければいけないのは、何も考えず学資保険に加入してしまうのは止めておいた方が良いということです。
きちんと考えることが大切です。
特に保険料を節約するという視点をきちんと持っておくべきでしょう。
保険料は10年以上支払い続けることになります。
これはかなり大きな負担となるのです。
最終的に保険金を受け取ることができるからといって、保険料を高く設定してしまうと、途中で解約しなければいけない状況に陥ることもあります。

学資保険のメリットを得るためには満期になるまできちんとお金を支払い続けることが肝心です。
途中で支払うことができない期間が生じてしまうととてももったいない状況となるでしょう。
元本割れをしてしまうからです。
できるだけ解約しないで満期を迎えることが大切であり、そのためには無理の無い保険料を設定することが重要です。

ここで保険料の節約をすることのメリットがあるのです。
保険料をできるだけ節約して負担を抑える、そして、返戻率を100%以上にすることも重要です。
たとえば、学資保険にはさまざまな保障をつけることができるものがあります。
しかし、保障をつけてしまうと、保険料が上がってしまうのです。
しかも、保険金の額は変わらなくなってしまうため、保険料総額と保険金の割合である返戻率が下がってしまう結果となります。
これは非常に損な状況であると考えましょう。

保険料の節約をするためには、保険内容の見直しをすると良いでしょう。
本当に必要な内容となっているのか、無駄な保障が含まれていないのかをチェックしましょう。
必要もないのにたくさんの保障を含ませてしまうと、後で苦労することになります。
保険会社の人はたくさんの保障を付けておいたほうが良いと勧めてくるでしょうが、最終的な判断は自分で行うべきなのです。
きちんと見直しhttp://qpd.jp/s2.htmlをして適正な保険料に設定することが大切です。


Copyright(C) 2013 学生に欠かせない保険 All Rights Reserved.