元本割れ

学資保険とこども保険はどう違うの?

子供のための保険として学資保険とこども保険という二つの名前をよく聞くと思います。
これらに加入することで子供の将来の教育資金を準備できたり、子供の医療保障などを受け取ることが可能です。
それでは、これらの保険には具体的にどのような違いがあるのでしょうか。
名前を聞いたことがあり、何となく内容を知っている人であっても、これら二つの違いを知らない人は多いでしょう。

基本的には、学資保険もこども保険もほぼ同じものと考えていいです。
保険会社が自社の商品にどのような名称をつけているのかが異なっているだけだと考えましょう。
より教育資金の積み立てに重点を置いているのが学資保険であり、死亡保障や医療保障など直接教育資金とは関係のない要素を含んでいるものをこども保険と呼ばれることが多いです。
学資保険の検討をしている方は、保険商品の名を見る時に学資保険だけではなくて、こども保険にも注目しておきましょう。

それではどちらを選ぶ方がいいのでしょうか。
それはそれぞれの家庭によって事情が異なります。
たとえば、学資保険以外にもどのような保険に加入しているかによって、選ぶべきものが違うのです。
医療保障や死亡保障などはけっしてこども保険にのみ存在するものではありません。
たとえば、別に生命保険や衣装保険に加入している場合は、これらの保障をわざわざこども保険で補う必要はないのです。

また、学資保険やこども保険に対してどのようなことを求めているのかを考えましょう。
何を重視するかによって、選ぶべき保険が変わることは覚えておくべきです。
そして、自分たち家族にとって利益になるものを選びましょう。
学資保険やこども保険に加入すると、それがずっと家計に影響を与え続けてしまいます。
毎月保険料を支払わなければいけないからです。
これは想像するよりもさらに大きな負担となることを覚えておきましょう。
無駄な保険や保障には極力入らないことが重要なのです。

Copyright(C) 2013 学生に欠かせない保険 All Rights Reserved.