元本割れ

学資保険の必要性って?

子供のいる家庭ならば、どなたでも学資保険について考えたことのある方は多いのではないでしょうか。
学資保険に加入するべきかどうか悩んでいると思います。
子供のためを考えたら本当に必要なものであるのか、それとも他の方法で代替することができるのか、これはとても気になる問題でしょう。
学資保険に加入してしまうと10年以上毎月保険料を支払い続けることになります。
これはかなり大きな負担となってしまうでしょう。
簡単に決めて良いことではありません。

まず、学資保険以外の方法で学費を貯めるためにはどのようなことができるのか考えてみます。
一つは普通に貯金をするという方法です。
結局、最終的には学費となるお金を貯めることができればいいのです。
そのために、専用の口座を作って、毎月そこに一定の額を入金していくという方法があるでしょう。
しかし、この方法はあまりおすすめすることはできません。
なぜならば、とても面倒であり、忘れてしまう可能性が高いです。
また、普通の銀行口座であれば気軽に引き出すことができてしまいます。
子供を育てていく過程でさまざまなお金がかかってしまうので、その時に貯金を崩してしまう可能性もあるでしょう。

以上の欠点はたとえ定期預金にしたとしても同じことです。
また、普通の貯金の仕方では困ってしまう点が一つあります。
それは家計を支えている方が亡くなってしまうと、それ以降学費のための貯金をできる人間がいなくなってしまうことです。
これはとても困った問題であり、きちんと考えておかなくてはいけません。

学資保険ではこの問題を簡単に解決することができます。
そのわけは、学資保険に加入している時に家計を支えている方が亡くなったとしても、それ以降の保険料が免除される仕組みがあるからです。
これによって、万が一の備えができます。
これが学資保険の必要性の中でも最も重要なものでしょう。
これによって、確実に将来の子供の学費を準備できるからです。
ぜひとも学資保険に加入するべきでしょう。


Copyright(C) 2013 学生に欠かせない保険 All Rights Reserved.