元本割れ

元本割れしない学資保険の選び方

保険の中には満期になると保険金を受け取れるタイプのものが多いです。
この際に注意するべきポイントとして元本割れしていないかどうかという点があります。
元本というのはそれまでに支払ってきた保険料の総額のことです。
そして、重要なのは最終的に受け取ることができる保険金の額と保険料の支払総額との割合がどうなっているのかです。
もし、元本よりも少ない額のお金しか受け取ることができないならば、それは元本割れしているといいます。
損をすることになるため、できるだけこのような事態は避けるべきです。
しかし、保険商品の中には元本割れするものも少なくありません。

元本割れするような保険に加入する人が果たしているのか疑問に思っている人がいるかもしれません。
実は、元本割れしている保険商品には共通の特徴があります。
それは保障が充実していることです。
たとえば、怪我をした時や病気になった時に保障を受けられる保険があります。
これらの保障は当然あなたが支払った保険料から補うことになります。
したがって、最終的に受け取ることができる保険金が減ってしまうのです。

このような元本割れの仕組みhttp://www.customsoftwarenow.com/gaku.htmlは学資保険の場合でも共通しています。
学資保険の一番の目的というのは満期に達した時にちょうど自分たちの子供が大学や専門学校などに進学する年齢となっているため、そのためのまとまったお金を入手できることです。
そのためには元本割れをしてしまうと困ってしまうのです。

学資保険で元本割れを起こさないためには、保障の内容を検討することが大切です。
たとえば、学資保険に付いてくる医療保障などは他の保険で補うことができます。
わざわざ学資保険にさまざまな保障をつける必要があるのかよく考えましょう
保障の数を必要最小限にすることができれば、元本割れを起こす心配はありません。
ただし、その場合は保障を受けられなくなるため気をつけましょう。
保険というのは学資保険だけではなくて、他の保険を合わせて考えるべきです。


Copyright(C) 2013 学生に欠かせない保険 All Rights Reserved.